image4

中国で先日、自宅に地下5階という規模の地下室を作ろうとしていたところ、これが崩れ周囲を巻き込む陥没事故になったと報じられています。

中国北京市西城区で先月の24日、庭付きの自宅に地下5階という謎の地下室を作ろうと業者が地面を掘り返していたところ崩れ、隣接する住宅4つが穴に落ちるという大規模な陥没事故が発生しました。

この住宅を作ろうとしていたのは日本の国会にあたる中国の全国人民代表大会いわゆる全人代の代表で、事故後この人物は逃走しているとのことです。逃走しているのは李宝俊代表で中国江蘇省徐州で自動車部品工場の経営者をしています。



中国メディアによると今回の陥没事故で延べ15世帯が被害を受けており、現在ホームレス状態になっているとしています。当局による今回の掘削は違法であるとことで、穴は幅18メートル、深さが10数メートルほどあるとのことで埋めるには約1400立方メートル分のコンクリートや砂が必要だと話しているそうです。

ちなみに、当局の話として李氏は2014年7月にも違法に地下室を掘っていたとして同じく西城区当局に処罰されていたとのことです。

以下はこの事故について寄せられたコメント
  • いい年こいて秘密基地作りか
  • 男は穴の中だろ
  • 中国とか韓国ってなんですぐ逃げるんだろうな
  • 地下にはロマンがある 
  • 日本の芸人もこれぐらい笑いに情熱を注いで欲しい
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!