偽タバコ

ありとあらゆるジャンルの偽物が存在する中国。もちろんタバコも例外ではないのですが、これまで集められた偽タバコを燃やし電力に変えるということが行われたそうです。

河南省許昌市煙草専売局によると、2014年より集められたという段ボール箱447箱分の偽造タバコを焼却処分することが行われました。記事によると、焼却されたタバコは中国で売られている50以上のブランドを模倣し作られていたとのことです。

中国・河南省 偽造タバコを焼却して1万kWhの電力に | 新華ニュース 中国ビジネス情報

何故集められたタバコを一気に燃やしたのかという理由については、今月15日の世界消費者権利デーに合わせ行ったものと思われます。中国ではこのような日に合わせ大々的に燃やしたり破壊するパフォーマンスが行われることが多くあります。参考:中国怒りの公開破壊2014、お題は「薬物」 : ZAPZAP!

偽タバコ_1

中国とタバコに関する話題としては過去に“壁にかけてあったタバコ”に火をつけたところ爆発し、吸おうとしていた男性が死亡するという事件が発生しています。また2012年にも中国で最高級というタバコ「中華」を吸おうと火をつけた所爆発、火傷を負う出来事が発生しています。

偽タバコ_2

偽タバコ_3
Photo:新浪微博

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!