リニア

2027年の開業宣言されたリニア中央新幹線。これは東京から愛知県名古屋市を繋ぐ次世代の乗り物なのですが、実は商標問題がありJR側が「リニア」の文字が使えない事態に陥っているそうです。

2027年のリニア中央新幹線の名古屋開通まであと12年。リニアをあしらった商品も目立ち始めたが、商標を他社におさえられてしまい、おもちゃやグッズなどで「リニア」を商品名に使えない事態が起きている。予想しない、いわば超高速の商標登録に、JR東海の関係者らも困惑顔だ。

朝日新聞デジタル
リニア開業に向けてJR東海では関連の商品化がされているのですが、いずれの商品にもリニアの文字が書かれてはいないそうです。これは商標権をある企業に取られてしまいこの文字を入れた場合「商標権の侵害」となってしまうためです。

一体誰が「リニア」の商標権も持っているのか。ネットの情報によると「有限会社エコー商事」という会社のようです。また有限会社エコー商事は「ゆるキャラ」も視野に入れているのか「リニア君」なる商標権も得ているそうです。ただ、同様のことをおこなっているのはこの会社だけではなく「リニア中央新幹線」「超電導リニア」という商標を個人で取得している人など複数に渡っているそうです。

ちなみに、インターネットでは「リニア」という呼び方を変えればいいのではという流れでコメントが多く寄せられ「り二ア」「ソニア」「りにあ」「シニア」「リニヤ」など、無理やりな案が寄せられていました。
このエントリーをはてなブックマークに追加