T-14 アルマタ_3

ロシアが今後配備を進めると噂されている新型戦車「T-14 アルマータ(T-99)」について、フード布を被せられ移動している様子がロシアで撮影されていたそうです。

ロシアが次世代主力戦車として開発しているのは「T-14 アルマータ(T-99)」という戦車です。この戦車は2015年5月9日に行われる対独戦勝記念日の軍事パレードで公開されるよ予想されているのですが、これまで公開されていたCGイメージから大きくかけ離れていると噂されています。

実は3月中旬に砲塔を隠すように布で覆われた戦車が移動している様子が撮影されており、これがT-14 アルマータではないかと噂されれているためです。

▼一般的なT-14 アルマータのCG
T-14 アルマタ CG

▼T-14 アルマータとされる戦車
T-14 アルマタ_1

T-14 アルマタ_2
Photo:中国網

この写真は車載カメラで撮影され場所はモスクワ郊外です。装甲が施されていないという違いはあるものの、CGと見比べると砲身や全体的な形状がかなり違っているように見えます。

T-14 アルマータの特徴としては副武装(対地、対空用)として30㎜機関砲と12.7mm機関砲を搭載しているとされており、そこからCGイメージとして上記の画像が作られたと考えれます。
いずれにしてもT-14アルマータはロシア政府が国防予算として計上されており、2016年以降に実戦配備されると噂されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!