3DR Solo

4つのプロペラがついた「クアッドコプター」というのが最近注目を集めていますよね。一般的に手軽に空撮を撮れるという特徴があるのですが、この“鉄板”ともいえる機体が5月に発売されるようです。

スポンサーリンク
人気のクアッドコプター「Phantom」シリーズで知られるDJIからスピンオフして設立された3D Robotics(3DR)が、「世界初のスマートドローン」と自称する「Solo」を発表しました。小型カメラ「GoPro」を搭載してのストリーミング配信機能や被写体追従の「自分撮り」機能などを備え、Soloはクアッドコプターとして驚異的な完成度を実現しているようです。

GIGAZINE
3DR Soloはこれまでも同じようなクアッドコプターを作っていたメーカーから独立した3D Roboticsが開発しました。特徴としてはプロポを使用した通常の空撮は当然として、2点の飛行経路を予め設定し自動飛行させるモード、GoProと連携しストリーミング撮影、被写体を自動追尾する機能など、空撮をする上で必要とされていた機能が入っているという機体になります。



価格は999ドル(約12万円)、GoProを搭載するジンバルが399ドル(約4万8000円)。もちろん空撮をするには別途GoProが必要です。クアッドコプターとしては高額な機体になるのですが、この手の分野の撮影を初めてみたいという方にはおすすめできる機体です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!

お知らせ

平素より『ZAPZAP!』のWEBサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。この度、2017年7月20日より新サイト『ヨミタク』での更新を開始したことをお知らせいたします。今後、ZAPZAP!では新規投稿数を縮小し運営し続けることになりました。お手数ではありますが実質的な移転先となる『ヨミタク』のブックマーク追加等をお願いいたします。

新サイト:ヨミタク
https://yomitaku.com/

詳細はこちらからお願いいたします。