image_29

ここまで見せていいのか!?何故か戦闘機の製造工程が公になることが多いロシアなのですが、今回は最重用パーツであるエンジンです。その中でも3次元の推力偏向ノズルを採用したジェットエンジンの製造現場という極めて貴重な写真になっています。

今回紹介するのはロシア最大の航空機エンジンメーカー、ウファ・エンジン製造合同(UMPO JSC)で製造されているジェットエンジンです。ここではSu-22, Su-25, Su-27, Su-30, Su-34, MiG-21, MiG-27といった攻撃機から戦闘攻撃機、またMi-26, Ka-32という軍事ヘリで使用されるエンジンが製造されています。

紹介する写真はAL-31Fの改良型で推力偏向ノズルを採用したAL-31FNシリーズと思われます。どのようなエンジンなのか、参考としてこちらの動画を紹介します。



以下はUMPO JSCの製造現場写真です。

▼大気24という溶接室
image_1
Photo:ЯПлакалъ

▼溶接室内はアルゴンガス100%で満たされた環境になり、宇宙服のような装備が必要とのこと
image_2
Photo:ЯПлакалъ

▼溶接中
image_3
Photo:ЯПлакалъ

▼1日の作業時間は4~5時間
image_4
Photo:ЯПлакалъ

▼チタン溶接を行います
image_5
Photo:ЯПлакалъ

▼オペレーター。流れる電流等を制御しています。危険な作業現場とのことで医療班も配備されています
image_6
Photo:ЯПлакалъ

▼出来上がった製品
image_7
Photo:ЯПлакалъ

▼プラズマコーティング。装置はTSZP-MF-P-1000を使用
image_8
Photo:ЯПлакалъ

▼金属加工
image_9
Photo:ЯПлакалъ

▼ちなみに作業員は合計2500人ですimage_10
Photo:ЯПлакалъ

▼測定中
image_11
Photo:ЯПлакалъ

▼真空で加熱処理を行う装置
image_12
Photo:ЯПлакалъ

▼女性も活躍中
image_13
Photo:ЯПлакалъ

▼浸水合金セラミック
image_14
Photo:ЯПлакалъ

▼タービンブレード
image_15
Photo:ЯПлакалъ

▼ブレードは合計30列あるとのこと
image_16
Photo:ЯПлакалъ

▼女性作業員が溶接しているのは・・・
image_17
Photo:ЯПлакалъ

▼エンジンの配管です
image_18
Photo:ЯПлакалъ

▼バランス調整中
image_19
Photo:ЯПлакалъ

▼複雑に入り組んだ配管
image_20
Photo:ЯПлакалъ

▼推力偏向を行う可動部分
image_21
Photo:ЯПлакалъ

▼社内にある歴代エンジン。その数48基。
image_22
Photo:ЯПлакалъ

▼試験に送られる推力偏向ノズル採用エンジン
image_23
Photo:ЯПлакалъ

▼この状態で燃焼テストと推力偏向試験を行います
image_24
Photo:ЯПлакалъ

▼エンジン出力調整レバー
image_25
Photo:ЯПлакалъ

▼外の排気口
image_26
Photo:ЯПлакалъ

▼試験を終えたエンジン
image_27
Photo:ЯПлакалъ

▼梱包され出荷
image_28
Photo:ЯПлакалъ

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!