image_17

第二次世界大戦後、ソ連主導の政権が誕生するなど影響に晒されたポーランド。実は1940年代以降に旧ソ連の核兵器を収める貯蔵庫が極秘に建設されていたことはご存知でしょうか。今回は廃墟となった「オブイェークト3003」という施設を紹介します。

スポンサーリンク
オブイェークト3003 「ウルフハウンド」という施設は1970年代の時点でNATO諸国では周知の事実とされており、存在は分かっていたものの実際のところは1990年代まで極秘の扱いだったとされています。どのような施設だったのかという点については、核弾頭を搭載できる弾道ミサイル車輌が置かれていたようで個々の基本的な構造は旧ソ連では統一された規格で構成されていたようです。

▼旧ソ連が建設した山をくり抜いた核兵器貯蔵基地の例
image_1
Photo:ЯПлакалъ

image_2
Photo:ЯПлакалъ

image_3
Photo:ЯПлакалъ

image_4
Photo:ЯПлакалъ

image_5
Photo:ЯПлакалъ

image_6
Photo:ЯПлакалъ

image_7
Photo:ЯПлакалъ

image_8
Photo:ЯПлакалъ

image_9
Photo:ЯПлакалъ

image_10
Photo:ЯПлакалъ

image_11
Photo:ЯПлакалъ

image_12
Photo:ЯПлакалъ

image_13
Photo:ЯПлакалъ

image_14
Photo:ЯПлакалъ

image_15
Photo:ЯПлакалъ

image_16
Photo:ЯПлакалъ



こちらの映像は同じく旧ソ連が建造した核兵器貯蔵施設です。現在は記念館として一般公開されていますが、映像の施設とほぼ同じ構造であることが写真から確認できます。映像の施設は1960年代に建設され核弾頭と発射車輌は数十車輌が実戦配備されていたようです。
ソ連崩壊後に放棄されチェコは紙幣の保管所としてしばらく使用し記念館になりました。 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!