S-97

シコルスキー・エアクラフト及びボーイングが開発している米陸軍向けの次世代ヘリの1つ「S-97 レイダー」について、先日初飛行に成功したと報じられています。

スポンサーリンク
海外メディアによると、「Joint Multi-Role Technology Demonstrator program(次世代垂直離着陸機開発計画)」で開発が進められるシコルスキー・エアクラフト及びボーイング社の「S-97 レイダー」についてこの試作機が同社保有の飛行場、フロリダ州ウエストパームビーチにて初飛行に成功しました。

Sikorsky's S-97 "Raider" Pusher Prop Chopper Takes Its first Flight

この日行われた試験では1時間の飛行内容で3回の離着陸をはじめ、滑走路上での低速での飛行内容となりました。



「次世代垂直離着陸機開発計画」では現在アメリカで配備されブラックホークの愛称で知られるUH-60の置き換えで開発されているもので、『S-97 レイダー』を元に開発されたSB >1 デファイアントとベル・ヘリコプターのティルトローター機『Bell V-280 Valor』のどちらかが採用されることになります。

S-97の特徴は動画からも分かるように『ロトコプター』という浮力を得る二重反転式ローターと後部の水平プロペラの推力によって飛行するという新方式が採用されています。このような設計になった理由は高速でさらに長距離を移動できる性能を求められたことによるもので、巡航速度は240ノット(約445km/h)。従来のヘリコプターに比べG制限が高く機動性に優れ、6名が搭乗できるとしています。

また機体構造が複雑なV-280より安価とされており、海外への輸出という点でも優れていると主張しているようです。同機は今年にも米軍による能力試験が行なわれるとされています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!