image_11

アメリカ航空宇宙局(NASA)は今年3月に行われた国際宇宙ステーションとソユーズについて、ソユーズ側から撮影したドッキング映像を公開しました。

地上400kmを高速で周回している国際宇宙ステーションへは、人員や物資の輸送のため定期的に宇宙船が打ち上げられドッキングしています。このような映像は国際宇宙ステーション側から撮影したものはいくつかあったのですが、今回は宇宙船側からとなる非常に貴重な映像となっています。

Space Station: Watch this Stunning Video of Astronauts Docking(音声が流れます)



映像はソユーズ宇宙船の操縦席から撮影したもので、実際の撮影時間はおよそ15分。これを2分半の映像に公開したものがこちらになるようです。

ソユーズ宇宙船は従来打ち上げからドッキングまで2日間という時間かかっていたものの、現在「ショートカット軌道」と呼ばれる打ち上げ方法が行われるようになり6時間あまりに短縮しています。ドッキングまでの総飛行距離は地球25周分以上となる161,000kmとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加