スイカ_1

夏の食べ物と言えばスイカ。実はこのスイカについて先日、何者かにより割られるという被害が中国で発生したと報じられています。

スポンサーリンク
スイカが売れ出す季節になると必ずスイカ泥棒の話がでてきますが、今回は泥棒ではなくスイカを破壊してまわるという悪質な事件です。中国メディアによると事件があったのは5月24日未明、中国河北省保定市でハウス栽培でスイカを作っていた王さんのスイカの9割、3500個あまりが割られる事件が発生しました。被害額は5万元(およそ95万円)とのことです。

清苑真实版“切水果”:3000多个西瓜一晚被砍, 多大仇怨? - 头条网(toutiao.com)

記事によると、事件に気づいたのは25日午前4時で王さんが前日午後8時の見回った時は異常はなかったといいます。割られたのは何れも既に食べられるようなサイズに育ったスイカで4.5エーカー(東京ドーム4割の広さ)があったことから少なくとも複数の人間により破壊活動が行われたと考えられます。

割られたスイカは棒のようなもので叩き割られたものや鎌やナイフで切られた跡があっとといい、その一部には顔のような模様が入れられたものもあったといいます。

▼被害にあったスイカ
スイカ_2
Photo:正北方网

スイカ_3
Photo:正北方网

一方中国では『膨張促進剤』なる薬品をスイカに使用したことで成長したスイカが短時間に破裂するようにて割れる被害が毎年確認されています。今回、王さんが割られたと主張するスイカについても同じような割れが確認できるのですが、一方で顔のような模様に切り取られていたことを考えると何者かにより傷つけられたと見てよさそうです。

▼薬により自然に割れたスイカ
スイカ_4
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!