サハラ砂漠

最も熱い砂漠として知られるサハラ砂漠。人間なら短時間で命を落とすような高温な環境下で生きているのは『サハランシルバーアント』という蟻です。なぜこの蟻は死亡しないのか、最新の研究でその理由が明らかになりました。

スポンサーリンク
サハラ砂漠に棲むアリの一種「サハラン・シルヴァー・アント」(学名:Cataglyphis bombycina)は、独特の形状をした体毛を使って太陽光線を制御し、砂漠の酷暑をしのいでいることが明らかになった。北アフリカに生息するこのアリを調査し、世界有数の高温地帯で彼らが生きられる秘密をつきとめたのは、米国とスイスの昆虫学者、物理学者からなる研究チームだ。

WIRED.jp
光のあたり具合では金属のようなキラキラとした体色に見えるのは最も耐熱性の高い動物の1種で知られるサハランシルバーアントです。人間ならば42度以上の熱で確実に死亡するところ、この蟻は53.6度まで耐えることが分かっており、どうしてここまで熱に強いのかは謎でした。

image_22
Photo:Norman Nan Shi, Nanfang Yu/Columbia Engineering

記事によると、アメリカとスイスの研究チームでは蟻の体を覆っている体毛に理由があることが分かったとしています。まず、サハランシルバーアントにびっしりと生えている体毛は1~2マイクロメートルの太さで、断面は円形ではなく三角形でした。
その上でこの体毛が2つの方法で体温を下げているとされ、ギラギラとした体毛が太陽光の反射率を高める一方で、熱を体外へ排出する機能があったことが分かったそうです。研究チームによるとこの体毛が付いているだけで体温を約5~10度ほど下げる能力があるそうです。

サハランシルバーアントこの他にも、太陽の位置を測定し最短距離で巣に戻る能力があり、他の蟻よりも足が長く、最高速度で走る時は6本ある内4本の足のみを使うそうです。こういった能力があるため生きていけることなのですが、蟻自身も相当暑さを感じているみたいですね。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!