image_5

中国の高級ブランド米『五常米』。実は生産量のおよそ10倍にあたる量が中国内で流通していたことが明らかになりました。

Record Chinaによると中国新聞週刊が6月25日に報じた内容として、『五常米』や『五常大米』などで知られる中国の高級米について年生産量のおよそ10倍にあたる量が五常米として一般販売されていると業界の裏話を紹介しています。

高級国産米「五常米」、市販の9割が偽物だった!=中国ネット...:レコードチャイナ
新华每日电讯--2015年05月26日--头版新闻--你吃的五常大米,有90%机率是假的

記事によると、五常米は黒竜江省五常市でのみ生産されているお米で年間生産量はおよそ105万トン。価格は通常のお米の2倍ほどとされているのですが、中国では五常米とする米が全土で年間1,000万トン販売されていると話しているそうです。

その仕組としては複数の品種が混合されている『ブレンド米』として五常米が販売されているとしており、黒竜江省五常市の加工会社が本物の五常米に一般のお米をブレンドしたものが大量に出荷されているとしています。
この問題については2010年7月に中国国営CCTVが報じており、当時は他の米に調味料やワックスを加えた大量の偽米から『ブレンド米の五常米』に進化しているとしています。五常市政府もこの問題は把握しており、「需要が供給に追いつかないための苦肉策」などとし生産と出荷を認めるような認識を示しているそうです。


『五常米』を謳う米は東南アジア各国に輸出されていることが分かっており、こちらの米はジャガイモ、サツマイモ、そして合成樹脂(プラスチック)から作られた完全な偽米となっています。中国当局は「2008年以降はインドネシアへの米の輸出は行なっておらずプラスチック米は中国とは関係ない」など話しています。ただ、同じようなプラスチック米は2011年中国内でも確認されていることから中国から輸出されたものでほぼ間違いないとされています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!