NASA

アメリカでは国際宇宙ステーションなど低軌道への宇宙飛行士の打ち上げを民間企業が作り上げた宇宙船で行うという方針に変更されましたが、先日ボーイング及びスペースXの宇宙船に乗り込む宇宙飛行士が発表されたそうです。

スポンサーリンク
アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、2017年に行われるボーイングもしくはスペースXの有人宇宙船打ち上げについて4名の宇宙飛行士を発表しました。

NASA Selects Astronauts for First U.S. Commercial Spaceflights | NASA

打ち上げられる宇宙飛行士はロバート・L・ベンケン氏、エリック・ボー氏、ダグラス・G・ハーレイ氏そしてスニータ・ウィリアムズ氏でクルーは元スペースシャトルの操縦士から女性としては世界最長の宇宙滞在記録保持者まで何れもNASAが誇るベテラン宇宙飛行士が選ばれました。



4人は2年後の打ち上げを目指しボーイングとスペースXそれぞれの宇宙船の操縦方法を習得するとのことです。

ボーイングとスペースXの宇宙船

NASAによると現在どちらの宇宙船で4人を打ち上げるのかは決まっていないそうなのですが、それぞれどのような宇宙船なのか簡単に紹介していきます。

まず宇宙船として共通していることとしてボーイングの『CST-100』、スペースXの『ドラゴンV2』はアポロ計画で使用された宇宙船を巨大化したような形状になっており、内部には最大7名が搭乗できます。
着陸方法はCST-100が海上・陸上の両方で、ドラゴン宇宙船は陸上への着陸はパラシュートを使用しない逆推進ロケットによる軟着陸となっているのですが、2017年段階でこれが実現可能なのかは疑問があり現段階では予備に搭載されたパラシュートを使用した海上への着水になると考えられます。
いずれの宇宙船も十数回の再利用が可能です。

▼ボーイング CST-100


▼スペースXのドラゴンV2宇宙船(内部はこちらから)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!