折り紙

日本や中国を中心に世界のありとあらゆる習慣や文化、そして人物まで“起源”を主張する韓国。韓国紙は「折り紙」の起源は韓国にあるなどと活動する団体を報じたのですが、国内での反応はイマイチだったと報じられています。

2015年7月24日、韓国・ヘラルド経済は、日本が折り紙の発祥国として世界的に知られているが、韓国の関連団体が、本当のルーツは韓国だとする運動に積極的に乗り出していると報じた。

Record China
これまでもいくつかの韓国起源説を唱えていたというヘラルド経済によると、韓国では複数の団体が『折り紙』は韓国が起源としており、西暦610年、高句麗から日本に紙が伝えられたのと同じく日本に折り紙の文化が伝わったなどと主張しているといいます。

また韓国紙文化財団は折り紙が日本起源とされていることについて「この問題は『独島か竹島か』、『テコンドーか空手か』というのと同じ」としたうえで、「今は世界のどこに行っても『origami(折り紙)』という言葉(日本語)が優勢だが、海外の学校などと連携し、韓国式折り紙教育を2003年から続けている」などと記事を掲載しました。

これについて韓国内では「まず絶対に韓国が起源じゃないよ」「国内向けの記事だとしても、こんなことを書いたら海外で笑われるだけだ」 「何にしても、日本より先に世界化するという考えは無理だよ」と懐疑的な意見どころか呆れ果てている意見が多く寄せられていたとされています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!