image_7

今月4日、北朝鮮との軍事境界線に接する非武装地帯で韓国軍の兵士2が地雷の爆発で重傷を負ったことについて、韓国側が発表している内容について北朝鮮側は「3発の地雷など使うはずがない」などと反論しているとのことです。

スポンサーリンク
【ソウル聯合ニュース】南北軍事境界線に近い非武装地帯(DMZ)の韓国側で地雷が爆発し韓国兵2人が重傷を負った事件で、北朝鮮の国防委員会は14日、政策局談話を通じて地雷の埋設を否認した。朝鮮中央放送と平壌放送が伝えた。

聯合ニュース
韓国の通信社『聯合ニュース』日本語版によると、先日発生した非武装地帯での地雷爆発事件について、韓国側は「北朝鮮が憲兵の見張り所前に自己防衛のため3発の地雷を埋めた」たなどと主張していたことについて、談話で「軍事上の目的があれば強大な火力手段を使ったはずであり、3発の地雷など使うはずがない」などと北朝鮮メディアが伝えていると報じています。

また北朝鮮側は証拠が無いにも関わらず北朝鮮が関与したと決めつけている韓国側を非難しており、北朝鮮国防委員会は事件当時の証拠となる監視カメラの映像を提出を求める他に韓国の朴槿恵大統領に対しては「謀略とねつ造の常習犯」などと痛烈に批判しているとのことです。


このニュースは日本のネット掲示板でも話題となっており北朝鮮の主張を支持する意見が多く寄せられていました。
「わりと普通に反論していて笑った」
「これは北のが筋が通ってる。監視カメラで確認出来る場所なんだから」
「地雷埋設する手間と効果考えたら北の言い分の方が理がある」 
「地雷の破片を調べたらすぐにわかる」 
「ほんとうに北朝鮮がやったのなら砲撃事件のときみたいに大々的に勝利宣言してるはず」
「さすがにあんなとこまで侵入して網の向こうに地雷設置して帰るなんて無茶すぎる」 

また北朝鮮によると事件後、韓国軍が行なっている拡声器による対北朝鮮放送についてこれを中止しなければ軍事行動を開始すると警告しています。(参考)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!