image_17

ドイツ国内外で話題となっているのは、なんと国内の特急列車に住み着いたという女子大学生です。いったい何の理由で特急列車に暮すようになったのでしょうか。

スポンサーリンク
BusinessNewslineによると、ドイツ人女子大学生Leonie Müllerさん(23歳)は、大学のあるテュービンゲンの家賃が高いという理由で特急列車に住み着いたとして注目されているそうです。

23歳のドイツの女子大生、家賃が高いからという理由で特急電車に住み着く - BusinessNewsline

記事によると、女子大学生が住み着いたのはドイツ鉄道の特急電車なのですが、実は鉄道会社が発行している1ヶ月乗り放題チケットというものが存在し価格は379ユーロ(約590ドル)。この値段について、テュービンゲンでアパートを借りるよりもかなり安いそうです。
しかも特急列車にはレストランはもちろんのことバスルームも完備。電気も使い放題のようで、住みやすくはないものの生活に必要な最低限度の設備は整っているとのこと。

image_19
Leonie Müllerさんのフェイスブックより

特急列車に住み着くという予想外の行動をとった彼女についてドイツ鉄道側は迷惑と感じていると思いきや、世界で報じられたこともあり逆に「大きな宣伝効果があった!」と喜んでいるそうです。

勉強をするにも何をするにもプライベート空間がほとんどない特急列車内で行わなければならず、少なくともいい環境とは言えないのですが彼女は卒業まで列車に居座るつもりなのでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!