image_18

ディズニーでもお馴染みのクマのプーさん。ハチミツを抱える姿は幼いころの記憶と共に残っていると思うのですが、なんと中国では最近になり『クマのプーさん』がネット検閲の対象となり検索できない事態になっていると報じられています。

BusinessNewslineによると、中国政府は国内で行なっているインターネット検閲について「Winnie-the-Pooh(クマのプーさん)」が検閲の対象になったと報じています。

中国政府が「クマのプーさん」を検閲・ネット上で習近平国家主席に似ているという噂が流布 - BusinessNewsline

アニメのキャラクターを検閲するという先進国では考えられない対応をとっている中国政府についてその原因は9月3日、中国北京で行われた抗日70週年の軍事パレードにあるという見方が強いそうです。

この日、軍事パレードの行進が行われる前、習近平氏は中国の国産車に乗り込みサンルーフから上半身を出した状態で軍隊に言葉をかけて回ったのですがこの姿が『クマのプーさんのおもちゃ』に似ており中国版ツイッターに拡散する事態が起こっていたといいます。



▼車に乗ったクマのプーさん
image_19

ただそれだけならば問題はなかったものの、おもちゃと車に乗った習近平氏を比べた写真とコメントには暗黙に習近平氏を批判する意味が込められており検閲の対象になったとされています。

記事によると、過去にも中国政府によりクマのプーさんを検閲の対象としたことがあり、この時は習近平氏とオバマ大統領が並んで歩いている姿がディスニー映画の一コマ、クマのプーさんとティガーが歩いている姿に似ておりネット上に拡散したことでクマのプーさんが一時検索できないという事態が起こっていたとのことです。

日本の動画サイトでも軍事パレードの様子は生中継されていたのですが、車に乗った姿については「人生ゲーム」に似ていると当時コメントを賑わせていました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!