image_21

中国メディアによると中国湖南省に暮す男ら9人が爆薬を違法に購入していたとして拘束されたと報じています。その量は700kgでその多くが既に使用されていたとのことです。

スポンサーリンク
中国メディア「紅網」は国湖南省株洲市攸県の公安当局が発表した内容として無許可で爆薬を購入し使用していた関係者9人を逮捕、拘束したと伝えています。

鉱山を買った中国人、違法に爆薬700キロを購入=その破壊力は...:レコードチャイナ

公安当局によると逮捕された男らは昨年9月、市攸県にある廃坑になった石英鉱山を購入したものの掘削に必要な爆破作業の許可が下りなかったそうです。これにより爆薬も購入できずにいたのですが、知り合いを通じ爆薬を違法に購入、無許可で掘削をおこなっていました。しかし、今年6月に行われた当局の定期検査で違法に採掘していることがわかり今月6日に関係者9人が逮捕されました。

当局によると知り合いから購入した爆薬は『含水爆薬』というもので、合計700kg。また大量の爆薬は消防設備のない室内に保管されていたと考えられ、部屋には1.6kgが残っているだけだったとのことです。

含水爆薬(がんすいばくやく)とは硝酸アンモニウムと5%以上の水が含まれる爆薬で一般的にダイナマイトよりも威力が小さいものの衝撃や熱などの面で安全性が高く、耐水性があることから水中や地下水が流れるような現場で用いられているそうです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!