記念碑_7

戦車の砲がいくつも飛び出しているという非常に変わったモニュメントがレバノンにあります。何を表しているのかパット見た感じでは分からないのですが、1995年に作れた戦争終結の記念碑とのことです。

スポンサーリンク
レバノンの首都ベイルートにあるのは「世界への希望」という記念碑です。この記念碑は1975年から1990年に勃発した内戦、第五次中東戦争の終結を記念し建てられたもので、フランスの建築家アマル・フェルモンドという人物の作品のようです。

記念碑は1995年8月に完成したもので、高さ30m(地上9~10階建てビルの高さ)、使用されたコンクリートは5000トン。内部には内戦で使用された実物の戦車(ソ連製)が入れられこれらが閉じ込められるようなデザインとなっています。

記念碑_1
Photo:ЯПлакалъ

記念碑_2
Photo:ЯПлакалъ

記念碑_3
Photo:ЯПлакалъ

記念碑_4
Photo:ЯПлакалъ

記念碑_5
Photo:ЯПлакалъ

記念碑_6
Photo:ЯПлакалъ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!