image_1

次世代の投射方式として電磁誘導を利用したレールガンがありますが、なんとアニメや映画のような携帯式を開発した男が登場してしまいました。

スポンサーリンク
アメリカ版2ちゃんねるとも言われるソーシャルニュースサイト「Redditor」の住人が公開したのは携帯型レールガンです。

Redditor: 自作による本格的な携帯型レールガンを発表 - Technobahn

レールガンといえば米海軍が研究開発してる艦載砲が有名なのですが、今回彼が作ってしまったのは文字通りライフルのような手に持てる大きさで、説明によると内臓バッテリーの電力を利用しタングステンやアルミニウムで作られた弾丸を900km/hという初速で発射することが可能だとしています。

この初速、つまり砲身から飛び出した時の弾丸の速度については火薬により撃ちだされる一般的なライフとほぼおなじ速度なのですが、これはあくまで理論値なのか製作者によると「人に向けてもケガを負わす程度で殺傷するまではできない」などと説明しているとのことです。



この銃の性能としては発射エネルギー量は最大3000ジュールの可変式となっておりこちらの動画では1500ジュールでメロンをターゲットに射撃しています。弾丸は貫通せずメロン内部で止まっているのですが至近距離であれば十分な威力はあるように思えます。



一般人が実際に射撃することができる携帯式レールガンを作った例はかなり少ないと思われるですが、将来的にイレイザー(映画)のような銃が登場してしまうのでしょうか。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!