image_1

先日、PM2.5の濃度が1000マイクログラムを突破した云々とお伝えしましたが実はこの日、夜な夜な市内をジョギングする爆走団の姿が相変わらず見られたと報じられています。

スポンサーリンク
中国メディア『チャイナフォトプレス』によると、中国東北地方の遼寧省瀋陽市でPM2.5の濃度が1立方メートルあたり1000マイクログラムを超えたものの爆走団(暴走团)はお構いなしに集団ジョギングを行なっていたと報じています。

<PM2.5>命がけのジョギング…マスクの100人爆走団が出現―遼...:レコードチャイナ

記事によると、爆走団はいつもと変わらず集団で走っていたものの100人ほどの口元にはマスクがあったとしていたといいます。

爆走団(暴走团または健步走)とは日本の暴走族の中国版ではなく、ただ健康目的に集団でジョギングするというものなのですが、暴走族と同じようなグループがあり参加者は『手を大きくふる』『ステップは広くとる』など指導により形が決まっており一度参加した場合途中脱退は許されないなど謎の掟が存在するとされています。



爆走団らは公道を走っていることから交通トラブルを引き起こす以外にも、けたたましい足音の他、掛け声を掛け合ったり大音量の音楽を鳴らしながら走りまわるなど騒音被害が報告されており一種の社会問題としてとらえられる場合もあります。

ちなみに爆走団らは公園など広場で大音量の音楽をかけダンスを行う「广场舞:広場舞(広場ダンス)」をしている人たちとされています。

以下は8日に撮影された爆走団
image_2
Photo:中国经济网
image_3
Photo:中国经济网
image_4
Photo:中国经济网
image_5
Photo:中国经济网
image_6
Photo:中国经济网
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!