image_10

開発が大幅に遅れているF-35について米空軍はこの穴埋めに従来機を新規購入を検討していることが明らかになりました。

BusinessNewslineによると、先月ロンドンで行われた「International Fighter Conference」で、米空軍関係者の発言としてF-16、F-15戦闘機のどちらか、もしくは空母艦載機のF/A-18E/Fを米空軍で運用するという案で合計72機の新規購入を行う方針で検討に入っているという発言をしていたことが明らかになったとしています。

USAF: F-35計画の遅延を受けてF-16かF-15・72機の新規購入を検討 - BusinessNewsline

理由はF-35の量産が軌道に乗る2040年代までの間、退役する機体を補う必要がありこの穴埋めをする機体が必要だとしており、その候補に上がっている機体はF-35に置き換えられるはずだったF-15といった従来機です。しかし、米空軍の公式コメントとして従来機の新規導入は否定しているとのことです。 

F-35は開発の遅れから米海軍は2013年にF-35計画が失敗した場合に備えバックアッププランの検討が進められたこともあります(参考)。最近ではF-15を2040年以降も使用可能とする改修案(参考)が出されており今回の報道からその背景にはF-35の開発の遅れが原因であるということが明らかになりました。


仮に新規導入が行われるとしてF-15の戦闘機タイプ、F-15Eの戦闘爆撃機タイプについては既に生産ラインが閉鎖しておりF-16は2017年、F/A-18E/Fは2015年までとなると書かれていました。そのような理由からF-16か設計自体も新しいF/A-18E/Fのどちらかになるのではないかと予想されます。 

▼F-15
F-15

▼F-16
F-16

▼F/A-18E/F
F-18

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!