image_17

写真投稿サイトFlickrは写真に記録された情報を元に今年どの機種で撮影されたものが最も多かったか分析を行った結果を報告しました。

Flickrは先日、『Flickr Year in Review 2015』という2015年に投稿された写真がどのようなものだったのかをまとめた発表を行いました。結果、撮影された機種として最も多かったのはiPhoneシリーズとしています。

Flickr: 2015年に投稿された写真でもっとも良く使われたカメラは「iPhone」 - BusinessNewsline

記事によると、Flickr調べとして今年投稿された写真の中で最も多く使用されたカメラはiPhoneシリーズで全体の42%、続いて2位はキヤノン(EOSシリーズ)が27%、3位にニコン(Dシリーズ)の16%となりました。

image_15

またカメラのタイプで分類した結果として、iPhoneやアンドロイドなどスマホやタブレット、携帯電話が39%、大型のデジタル一眼レフが31%、コンデジが25%、最近売れているなどと話題になったことがある多いミラーレスタイプのデジタル一眼はわずか3%となりました。

image_16

iPhoneなどスマートフォンに搭載されているカメラの性能が向上したことでコンデジ市場が縮小すると言われているのですが、2015年の調査では投稿された機種の1/4がコンデジとなっています。またiPhoneといったネット接続に強くないことを考えると実際は相当の枚数がコンデジで撮影されているのではないかと予想できます。
このエントリーをはてなブックマークに追加