image_12

Amazonが今年始めたサービスとして特にネット上で話題になっていたのは僧侶手配サービスです。これについて全日本仏教会という組織の理事長はサービスそのものを批判する声明を発表しているのですが、ネット上ではこの声明に対し全面的に批判する状態になっています。

スポンサーリンク
今年12月、Amazonに登場したのは[お坊さん便] 法事法要手配チケット (移動なし)というもので基本料金35,000円から自宅・お墓などに出向き法事法要(読経・法話)を行うというサービスです。これは株式会社みんれびが2013年より行っていたのですが、何故か『Amazonに出された』ことで全日本仏教会という組織が批判する声明を出しました。

声明を一部抜粋すると『全日本仏教会は、宗教行為としてあるお布施を営利企業が定額表示することに一貫して反対してきました。お布施は、サービスの対価ではありません。同様に、「戒名」「法名」も商品ではない』、『お布施は、慈悲の心をもって他人に財施などを施すことで「六波羅蜜(ろくはらみつ)」といわれる修行の一つ』、『諸外国の宗教事情をみても、このようなことを許している国はない』ということで、これを提供したAmazonに対し『失望した』としています。(参考)

image_1

この声明について強く批判しているのはネットユーザーです。特に2ちゃんねるでは痛烈に批判するコメントが全面的に寄せられている状態となっており一部を紹介すると「通夜告別式の読経で30万って、どう考えても異常だろ」「じゃあ値段で戒名変えるのを改めろよ」「その割りには高い金を無言の圧力で求めてくるやないですか」「気持ちって包んだ金額が足りなきゃ受け取らねーんだろ。いくら欲しいかハッキリ言えよ」 という声が寄せられていました。(参考)

このようなサービスが良いのか悪いのかはあえて反応はしませんが、少なくとも特に年代の若い層は『お坊さん便』を支持する声が圧倒的に多いということは事実と言えそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!

お知らせ

平素より『ZAPZAP!』のWEBサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。この度、2017年7月20日より新サイト『ヨミタク』での更新を開始したことをお知らせいたします。今後、ZAPZAP!では新規投稿数を縮小し運営し続けることになりました。お手数ではありますが実質的な移転先となる『ヨミタク』のブックマーク追加等をお願いいたします。

新サイト:ヨミタク
https://yomitaku.com/

詳細はこちらからお願いいたします。