image_1

中国の複数メディアによると先日の寒波で珍しい雪が積もったことで雪像を車の載せ走っていた100台以上の車が警察から警告処分を受ける出来事があったとのことです。

日本では週末から週明けにかけ沖縄本土でも観測史上初の雪が観測されるという非常に強い寒波に覆われたのですが、実は中国でも非常に珍しいという雪が各地で降っており幾つかの話題が入ってきています。

中国のニュースサイト『爱丽时尚网』など複数メディアによると、今月23日中国重慶市で20年ぶりとなる積雪を記録しました。重慶市は温暖な地域で知られているのですが、この珍しい雪ではしゃぐ人が大勢いたといい、記念に車の上に雪像を載せ市内を走り回る人もいたといます。

image_2
Photo:爱丽时尚网
しかし、雪像が崩れ他の車にあたったり人にあたったりする可能性があり地元警察は道路交通法違反にあたるとして市内を走り回っていた雪像を載せた車を次々と止めていたといいます。その数は136台と発表しているのですが、通常は50元の罰金と1点減点のペナルティーに対し警察側も20年ぶりの雪とのことで雪像を撤去させた上で厳重注意の警告処分に留める対応を行ったとのことです。

image_3
Photo:爱丽时尚网
image_4
Photo:爱丽时尚网
image_5
Photo:爱丽时尚网
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!