image_54

ロシア空軍のヴィクトル・ボンダレフ最高司令官によると、ステルス戦闘機という第5世代戦闘機を超える次世代戦闘機についてこの開発を進めるという発表を行ったとしています。

ロシアメディアSputnikによると、ロシア航空宇宙軍(空軍)の最高司令官ヴィクトル・ボンダレフ氏が報道陣に語った内容として、現在ロシアで開発が勧められているSu-57(T-50)というステルス戦闘機のさらに次世代戦闘機となる第6世代戦闘機の開発を発表したとしています。

ロシア、第6世代無人戦闘機の開発に着手

具体的な内容についてはほとんど明らかにされていないのですが、ボンダレフ最高司令官によるとこの機体の開発はロシア空軍のフランカーファミリーで知られるスホーイ・カンパニーにより行われるとしており、有人機と無人機の2通りとなるとしています。


現在、アメリカや一部の国を除き配備されている戦闘機は第4世代と言われるもので、日本の航空自衛隊基地に配備されている戦闘機についても全て第4世代機になります。第5世代戦闘機についてはアメリカのF-22がありF-35は機能制限がかかっているものの限定的に配備されます。
ロシアについても開発が進められているT-50(PAK FA)が2017年に運用が開始とされている程度で現段階では実戦配備はされていません。

▼ボーイングが発表した第六世代戦闘機デザイン
image_53


第6世代戦闘機の性能についてアメリカが開発を進めている仕様として空対空レーザーという従来の戦闘機には搭載されていなかった攻撃用のものが搭載されるというものや、Active Aeroelastic Wing(能動空力弾性翼)という意図的にたわませることができる主翼が採用される見通しで、特に超音速飛行時の消費燃料が飛躍的に向上するといわれています。機体形状としては尾翼が排除されており現在の戦闘機とは見た目が若干異なるようになるとも言われています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!