image_11

ロシアで強盗に入った18歳の少年。少年は3時間かけ店に侵入し「チョコレートとビール、コーヒーを盗んだ」などと供述していたものの、実際に盗めたものはチョコレート10個だけだったと報じられています。

スポンサーリンク
ロシアメディア「スプートニク」によると今月4日、ロシア中央に位置するキセリョフスクという街でちょっと変わった窃盗事件があったと報じています。

記事によると、店主が出勤してきた時に壁に大穴が開いている事がわかり地元警察に通報したといいます。その後、まもなく18歳の学生が浮上し即日逮捕されたといいます。警察によると少年はハンマーを使い3時間かけ自分が通り抜ける穴を開けたと話しており、「店でチョコレート10個とビール、コーヒー」を盗んだと供述していたといいます。

しかし、店の被害状況を確認したところ確かにチョコレートは盗まれていたもののビールやコーヒーの数は減っておらず供述と食い違いが出てきたといいます。
実はこの少年、3時間かけ店に入ったものの盗みだせたのはチョコレート10個だけでバレるのがは恥ずかしく思いビールとコーヒーも盗んだと話を盛っていたことが明らかになりました。

想像ではカネを盗もうと店に入ったもののカネはなくレジの隣にあったチョコレートを鷲掴みして逃げたと考えられるのですが、この手の犯行で世界で報じられるというのは非常に珍しい事件となりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!

お知らせ

平素より『ZAPZAP!』のWEBサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。この度、2017年7月20日より新サイト『ヨミタク』での更新を開始したことをお知らせいたします。今後、ZAPZAP!では新規投稿数を縮小し運営し続けることになりました。お手数ではありますが実質的な移転先となる『ヨミタク』のブックマーク追加等をお願いいたします。

新サイト:ヨミタク
https://yomitaku.com/

詳細はこちらからお願いいたします。