image_43

働きアリの中でも働かないアリがいるということを耳にしたことはないでしょうか。北海道大学の研究グループは2年間の観察により世界で初めて働かない働きアリを証明することに成功したと報じられています。

スポンサーリンク
アリのコロニーにはほとんど「働かないアリ」が2割ほど存在する。そして「働かないアリ」が存在しないと、コロニーは長続きできない――。進化生物学者で北海道大学大学院准教授の長谷川英祐氏が率いる研究グループは、長期にわたるアリの行動観察やコンピュータシミュレーションを通じて、こんな意外な事実を発見した。

PRESIDENT Online
アリの研究ではここ最近よく耳にする北海道大大学院農学研究院の長谷川英祐准教授らの研究グループは『働かない働きアリ』の存在について初めて科学的に存在を証明することに成功したとしています。

研究チームによると、この研究は8年前からはじめており「働かない働きアリは本当にいるのか」「その数は2割程度というのは本当なのか」というテーマで研究が始まったといいます。そこで研究チームはその存在を見つけ出す方法を考案し2年前から実際にアリを用いた研究が始まったそうです。

記事によると研究ではアリを女王アリと働き蟻からなる150匹のグループを4つ用意しアリの体に色を塗り1匹づつ識別できるような方法が取り入れられました。結果これまで噂されていたとおり約2割の働きアリは労働とみなせる行動が5%以下しかしていないことが分かったそうです。

このような生態になっているのかは明らかになっていないのですが、コンピュータシミュレーションによると働かない働き蟻がいないアリの巣よりも働かない働きアリがいる方が結果的に巣は長く保つことが分かったそうです。
働かない働きアリは実はよく働く働き蟻の動きの行動を見ており、彼らが疲れて休んでいるときに替わりに働き始めるという行動をとっているそうです。そのため外から見ると怠けているように見えるのですが、アリという社会では特に巣を維持するのに重要な労働力になっているそうです。

ちなみに、よく働く働きアリと働かない働きアリをそれぞれ上位30匹づつ取り出し行動を観察した研究では、働かない働きアリの割合はここでも全体の2割に留まったことが確認されたそうです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!