image_24

アメリカで大人気となっているポケモンGO。街中でポケモンがゲットできるというゲームなのですが、先日とあるポケモンGOをプレイしながら警察署内をうろついていた指名手配犯が逮捕されたとのことです。

スポンサーリンク
海外の複数メディアによると今月14日、ミシガン州のミルフォードという村の地元警察はポケモンGOをプレイしていた指名手配犯、ウィリアム・ウィルコックス容疑者を逮捕したと報じています。何故指名手配犯が警察署に訪れてしまったのか、実はこの警察署がポケモンをゲットできる場所になっていたためだそうです。

指名手配の犯人、米国で警察署に侵入して逮捕・Pokemon Goのジムが警察署内にあったため - BusinessNewsline

記事によるとウィルコックス容疑者はこの日、ポケモンをゲットするため警察署に訪問。そこで警察官がポケモンGOをプレイしている人間が指名手配犯であることを確認し署内で緊急逮捕に至ったとしています。その後の取り調べによるとウィルコックス容疑者は「ポケモンGoのジムが警察署内にあったためやむなく警察署に入り込んだ」と話しているといいます。

また地元メディアが行った取材によると警察署側は容疑者について「警察署に入り込んでも逮捕されないとでも思い込んでしまったのではないか」と話しているといます。当時容疑者を逮捕した警察官の話として逮捕されたことよりもポケモンGOのプレイを中断させられ非常に逆上していたともコメントしているそうです。

アメリカではこれまでもポケモンGOをプレイしていたところポケモンではなく死体を発見してしまうなのよくわからないものまでゲットしてしまう例が幾つか報告されています。 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!