image_39

暑い時期になると厄介になるのは車内温度です。みなさんもいち早く車内温度を下げるため様々な方法をとっていると思うのですが、JAF(日本自動車連盟)では最も早く温度を下げる方法を検証したものが公開しています。

JAF(日本自動車連盟)によると同じ車を5台用意し、車内温度が55℃になったタイミングで5名のモニターがそれぞれ違う方法で車内温度を下げる方法を検証しました。テストされたのは5つの方法で①ドアの開閉(開閉回数5回)、②冷却スプレー(10秒)、③エアコン(外気循環)、④エアコン(内気循環)、⑤エアコン+走行です。

JAF|エコ&セーフティ|JAFユーザーテスト|車内温度|夏の駐車時、車内温度を最も早く下げる方法は?

image_5
Photo:JAF

結果として、エアコンをかけた状態で走行した場合に最も早く車内温度を下げることができたとしています。方法としては車の窓をすべて全開にしエアコンを外気導入にして走り出し、車内の熱気を出したら2分後に窓を閉め内気循環にして冷やすことが最も効率的であることがわかったとしています。

また例外の実験として車のボディーに3杯分(各8リッター)をかけた場合はどうなのかについても検証しており、結果は0.9度下がったのみでほぼ効果がないことが分かったとのことです。

JAFによると「エアコン+走行」は、 短時間で温度を大きく下げられるので、燃料の消費や排ガスも抑えられ、環境面でもメリットが多いとしています。ただ、太陽光に曝されるなどしてダッシュボード等に熱が蓄熱していた場合、検証のように車内温度が十分に下がらないことがあるので注意が必要ともしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!