image35

中国南部、広東省付近に上陸した台風4号「ニーダ」。 中国メディアによると台風が上陸する前日、上陸が予想された地域では住人らが買い占めに走りスーパーでは食料品が空っぽになる出来事があったと報じられています。

スポンサーリンク
7月30日18時、フィリピンの東で発生した台風4号。その後、勢力を強めながらフィリピン北部を通過、北西に進路をとり広東省付近に上陸する予報が出たのですが、中国メディア『羊城晩報』によると上陸地点に近い広東省広州市では市民らが買いだめに走っていたと報じています。

「台風が来るぞ!」=市民が買い占めに奔走、スーパーの商品... - Record China

記事によると、取材を行った市内にあるイオンの食料品売場では午後7時半の段階で野菜や肉類、麺類、パン、冷凍ギョーザ、牛乳などが品薄となっており、レジには買い物カートに大量の商品を詰め込んだ人たちによる長蛇の列ができていたとしています。

image34
Photo:励志网
よくある台風でなぜ買いだめに走ったのか。これは中国特有の行動も含まれているのですが、日本の気象庁は今月2日午後に中心気圧が960hPaまで下がり最大瞬間風速は55mと予想を出しており、一方でも中国気象当局が台風上陸に関して警戒レベルを最高に引き上げ、1~3日分の生活必需品を備蓄するよう市民に呼びかけていたためです。

image36
Photo:网易新闻
台風はその後、予報どおり広東省に上陸。街では深いところで40cmほど水につかり床上浸水するなどの被害がでたものの死亡者がでるなどの被害は特に伝えられていないそうです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!