WarThunder_1

陸戦、空戦のMOマルチコンバットゲーム War Thunder』。今回は複数あるグラフィック設定に関してどの項目が負荷が高いのかPCの消費電力の増減から調査してみました。(2016年8月11日 一部内容修正)

スポンサーリンク
War Thunderのグラフィック設定を開くと30あまりの項目が表示され、どの項目が負荷率が高いのかがわかりません。そこで、今回はコンセントにつけるサンワサプライのワットチェッカー『TAP-TST5』を使用し項目1つずつどの程度の負荷があるのか、消費電力から確認してみました。

CPU Core i5 2500K
GPU GeForce GTX 750 Ti
メモリ 8GB x2
記憶装置 SSD x2 HDDx1

PC起動後のアイドル消費電力 53W

WarThunder_3

こちらが2016年8月現在のグラフィック設定です。測定環境はソ連の戦車T-10Mを使用しテストドライブにて行いました。上記の画像を標準設定とし、『異方性フィルタリング』『アンチエイリアス』設定時の消費電力を測定しました。それぞれオフ(x0)にした時の消費電力を基準消費電力とします。

基準消費電力 85W


異方性フィルタリング
X2 85W
X4 85W
X8 85W
X16 85W

アンチエイリアス
X2 93W
X4 93W

明らかにおかしいことになっているのですが、最後に紹介するオススメ設定に変更した場合でも消費電力が変わらないという意外な結果となりました。ただし、テストドライブとは異なる建物が多いマップ、つまり通常の戦闘マップでは負荷が高くなることが予想されるのでご注意ください。

続いて『異方性フィルタリング』『アンチエイリアス』をそれぞれx2に設定し(上記の画像に戻し)、塹壕が近くに見えるエリアに移動し1つずつ設定を最大にして測定しました。オプションを閉じた後、10秒前後経った消費電力となっています。(カッコ内は基準消費電力との差)

基準消費電力 92W

雲の品質 97W(+5W)
地上からの雲の品質 92W
地形品質 99W(+7W)
木の描画範囲 92W
パーティクル密度 98W(+6W)
草の描画範囲 127W(+35W)
SSAO品質 89W(-3W)
反射品質 90W(-2W)
水面の反射品質 91W(-1W)
物理品質 93W(+1W)
地形の変形 89W(-3W)
タイヤ痕跡 89W(-3W)

参考としてSSAO品質、反射品質、水面の反射品質、地形の変形、タイヤ痕跡をすべて最大にした場合89W。これに雲の品質、地上からの雲の品質、地形品質、木の描画範囲、パーティクル密度を最大にした場合103W。さらに草の描画範囲を入れた左側の項目をすべて最大にした場合127Wとなりました。ただ最後の測定に関しては処理が追いついておらず正しく消費電力(負荷)を測定できていないものと考えられます。


次に木が生えているエリアに移動し測定を行いました。

測定エリアにおける基準消費電力 100W

シャドウ 101W(+1W)
オブジェクトシャドウ 100W
高度な水辺の描画 100W
FX反射 100W
さざなみエフェクト 100W
水の屈折 100W
水面の反射 100W
もや 101W(+1W)
ソフトパーティクル 100W
遠方の地形の細部描画 100W
レンズフレア 101W(+1W)
サスペンションの物理…101W(+1W)
細かな葉  100W

ほとんど差はなかったのですが、シャドウ関連は左側の項目『影の品質』に左右されます。つまり『最小』の環境では影そのものが発生しないのでただしく測定されていません。また水辺が近くになかったため関連すると思われる項目も正しく測定できていません。
全てONにすると5~8W程度消費電力が上がります。

まとめ

さっそくまとめに入ってしまうのですが、実はいくつかの項目に関して「最大」にしたり「オン」にしても見た目に変化がわからずスクリーンショットで違いを探してもわからないものがありました。特に『パーティクル密度』に関しては6W程度消費電力が増え負荷がかかっているものの見た目の変化はありませんでした。また『反射品質』、『地形変化』等に関しても違いが分からないためオフでよいと考えられます。
右側の項目に関してはすべてONにすると消費電力は増えるものの2つの『シャドウ関連』、『もや』、『細かな葉』以外はオンにしても見た目に違いは感じられませんでした。

その上で処理があまり高くないPCでのオススメ設定はこのようになります。
WarThunder_4

▼こちらが実際のゲーム画面です。
WarThunder_5

この時の消費電力は115~122W程度となっておりFPSも上限の60を保っています。次回はそれぞれの項目に関して(特に左側)、どのような効果があるのか見た目の違いについて簡単に紹介していこうと思います。


あなたも基本プレイ無料のWarThunderを始めてみませんか?以下のリンクからアカウントを登録すると私とあなたにこのようなメリットがあります。
War Thunder - Next-Gen MMO Combat Game for PC, Mac and Playstation4 | Play for free now!(招待リンク)

WarThunder_HE_09

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!

お知らせ

平素より『ZAPZAP!』のWEBサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。この度、2017年7月20日より新サイト『ヨミタク』での更新を開始したことをお知らせいたします。今後、ZAPZAP!では新規投稿数を縮小し運営し続けることになりました。お手数ではありますが実質的な移転先となる『ヨミタク』のブックマーク追加等をお願いいたします。

新サイト:ヨミタク
https://yomitaku.com/

詳細はこちらからお願いいたします。