image_29

航空機に興味がある人ならば知らない人はいないアントノフ An-225について再生産が決定したと報じられています。こちらの航空機に関しては中国に引き渡され大型貨物運搬用に使用することが予定されているとのことです。

スポンサーリンク
ウクライナのAntonov(アントノフ)は、中国航空大手のAerospace Industry Corporation of China(AICC)と共同で世界最大の輸送機「An-225」の再生産を行うことを決定したことが判った。ウクライナのInterfax(インターファックス)が伝えた。

BusinessNewsline
旧ソ連時代の1980年代末に初飛行したAn-225 ムリーヤに関しては現在生産された1機のみ運用されているのですが、なんと中国の航空会社と共同で再生産することになったという衝撃的なニュースが報じられています。

もともとAn-225はソ連版スペースシャトルことブランを輸送するために開発された機体なのですが、ソ連が崩壊したことで宇宙計画が白紙となり本機は放置されていました。しかし近年になり超大型貨物の運送ビジネスが盛んになったことを再就任。現在は欧米を中心に一般貨物の輸送を中心に使用されています。

image_30

An-225は1機が生産されたのみで2機目が未完成状態で放置されています。報道によると中国のAICCとライセンス提供契約したとしておりこの2機目を改修、組み立てを行うことで2号機を完成させるとしています。また、中国メディアによるとAn-225のエンジンを含むすべての技術と図面、財産権がAICCに移転されるとも報じており、将来的に軍事輸送機として技術が転用される可能性も十分に考えられます。

An-225の輸送能力に関しては最大積載量が300トン以上とされています。これはアメリカの超大型長距離輸送機(軍用)C-5 ギャラクシーと比べると2倍以上、180トン前後も多い量となっています。

image_31

 image_32

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!