image_36

中国の都市部では再開発が行われ多くのマンションが建てられていると報じられているのですが、最近建設されたという河南省のとあるマンションが薄すぎるとして話題を集めているそうです。

河南省鄭州市(ていしゅうし)に建設されたのは地上30階ほどの高さがある高層マンションです。このマンションが注目を集めているのは実は見る角度によっては非常に厚さが薄く見えるという点です。そのため中国では『纸片楼』などとアダ名がつけられ、ネットで報じられたところ「強風で倒れてしまうんじゃないか」などと心配する声など3万件あまりのコメントが寄せられていました。

▼確かに薄いマンション。
image_37
Photo:网易新闻
▼「鉛筆一本」
image_38
Photo:网易新闻
▼上空から見ると、そこそこの厚さがあることがわまります。
image_39
Photo:网易新闻
このエントリーをはてなブックマークに追加