image_3

高速道路上には様々な物が落ちていますが動物も例外ではありません。先日ロシアの高速道路上に取り残された子猫を救助する様子が偶然撮影され話題になっていたのですが、救助した人物が特定され一躍人気者になったと報じられています。

スポンサーリンク
今月12日、バルト海に面するロシア連邦の飛び地カリーニングラードの高速道路上で身をすくめていた子猫を偶然通りかかったドライバーに救助しその様子がインターネット上で話題となっていました。

高速道路に落ちた子猫を救った男性、SNSで一躍ヒーローに(動画)

ロシアメディアSputnikによるとこの映像を撮影したのは道路上に設置されている監視カメラなのですが、何らかの理由によりロシアのSNS『ヴ・コンタクチェ』に投稿されていたといいます。その後、映像はロシアのネット上で話題となり、後にテレビ局が運転手を突き止めることができたといいます。



記事によると子猫を救ったのはデニス・ジョクチャレフさんで当時、空手の稽古に連れていくため後部座席に子供2人乗せ走っていたといいます。実は子猫を見つけたのは子どもたちで発見時は子猫がいる反対側を走行していたといいます。

「パパ、早く助けて!」と子供に言われたもののデニスさんは「200%助からない」と思いながら対向車線に侵入。ネコがいた付近でハザードランプを出しながら減速しつつ近づいたと話しています。

デニスさんによるとここまでインターネット上で話題になるとは思ってもいなかったと話しており、救助されたネコは子供の稽古先に勤めている守衛のおばさんに引き取られたとのことです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!

お知らせ

平素より『ZAPZAP!』のWEBサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。この度、2017年7月20日より新サイト『ヨミタク』での更新を開始したことをお知らせいたします。今後、ZAPZAP!では新規投稿数を縮小し運営し続けることになりました。お手数ではありますが実質的な移転先となる『ヨミタク』のブックマーク追加等をお願いいたします。

新サイト:ヨミタク
https://yomitaku.com/

詳細はこちらからお願いいたします。