image_65

今月18日、埼玉県鴻巣市で開催された「こうのす花火大会」でギネス記録にも登録されているという世界最大の花火『正四尺玉』の打ち上げに失敗し地上で炸裂するという事故があったとことです。

スポンサーリンク
鴻巣市商工会青年部により主催され、昨年は60万人が訪れるたという全国有数の花火大会の一つ燃えよ!商工会青年部!! 第15回こうのす花火大会(通称:こうのす 花火)で、メインの正四尺玉が何らかの原因で打ち上げに失敗し地上で爆発する出来事があったとTwitter等で報告されています。




正四尺玉は重量約464kg、直径約105cmの巨大花火で見出しでも紹介したように花火のサイズとしては世界最大となっています。炸裂時の開花直径は約800mです。この花火を打ち上げている煙火筒は他の花火大会のもので厚さ1.8cmの鋼鉄製のもので高さが520cmとなっています。

▼打ち上げに失敗した正四尺玉(Facebookより)
image_64

動画を見る限り花火は上方向に大きく伸びていることから煙火筒で破裂したものと考えられるのですが、8日現在大会のホームページ、及び運営している鴻巣市商工会青年部のFacebook等には一切記載はなく被害等は不明となっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!