image_84

プラスチック製品や金属など様々な素材は衝撃が加わることで砕けたり割れてしまったりしますが、アメリカで開発された特殊コーティング『LINE-X』を施すことで極めて頑丈にすることができます。

スポンサーリンク
コーティング剤は様々な種類がありますが『LINE-X』は吹き付けることで素材そのものを極めて頑丈にするものです。LINE-Xはアメリカで開発され主に軍用に使用されている他やテロ攻撃が想定される重要施設に施されているもので同時多発テロ以降は防災用として民間にも普及し始めているとのことです。



こちらがLINE-Xを施した例です。このようにプラスチック製コップは人間が乗っても潰れることはなく、卵やメロンもまず割れることはありません。ちなみにLINE-Xを施したスイカであれば45mほどの高さから落下させても割れないという動画も存在します。(参考

日本でこの商品を扱っている株式会社ジャパンホームランドセキュリティによると、LINE-Xは「様々な下地に吹き付け可能で、防食、防水などの基本的な性能から、耐化学薬品、耐摩耗性、耐衝撃性、爆破緩和性、銃弾飛散防止性、耐弾性能向上まで特殊な性能を有する高性能コーティング」としており、日本基準では20年以上の耐候性基準をクリアしているためトンネルの上面や原子力発電所をはじめとしたエネルギープラント、鉄道施設、自動車業界、政府関連施設など様々な分野で既に活用されているとのことです。

コーティング可能な素材は『金属・コンクリート・アルミ・樹脂・木材・地面などあらゆる素材』としています。業務用という感じがするのですが、アメリカでは民間車両に施工する例が多くなんと月に7万台以上行われているとのことです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!