image_44

スマートフォンなど主にタブレット端末を充電するため必要なUSB電源アダプターがあります。このUSB電源アダプターに関して『純正』と『非純正』のものが存在しますが、『アップル純正』などと謳いアマゾンで販売されている製品はほとんどが偽物であることが明らかになりました。

スポンサーリンク
iPhoneやiPad、iPod向けのUSB電源アダプタやLightning - USBケーブルのようなApple製アクセサリーは「Apple Storeに行かなければ買えない」わけではなく、オンライン通販大手のAmazonでも純正品を手軽に購入することが可能です。しかし、Appleによると90%は偽物だとのことで、ついに偽物のアダプタを「本物」と称して販売していた業者が訴えられるに至っています。

GIGAZINE
今回アップルが「商標権侵害」として訴えたのは米アマゾンで「アップル純正」と謳い製品を販売し続けていたMobile Starという業者です。実は、この詐欺業者が販売してたUSB充電アダプターは使用中に火が吹くなど極めて安全性に問題のある製品であるというレビューが書き込まれるなど問題が起こしていたといいます。

image_43

この詐欺業者に関しては著作権侵害として15万ドル(約1500万円)、さらに商標権侵害として200万ドル(約2億円)を求め訴えられており、アマゾンでは販売が中止されているとのことです。

そもそも、偽物と指摘されていた商品が米アマゾンで取り扱われていたのか。その責任は米アマゾン側にもありそうなのですが詐欺業者と米アマゾンはコメントを出していないとしています。またアップルによると米アマゾンでは「アップル純正(Apple純正品の並行輸入品)」と謳う製品が数多く販売されているもののその9割が偽物だと指摘しています。


アップル純正と謳う偽USB充電アダプター以外に関しても『形だけ似ている』一見純正のような安物USB充電アダプターが激安販売されていることがあります。実はこの手の製品は明らかに基盤が簡素なもので実装されてる電子パーツが少ないなどの特徴があります。
そのため安全装置などが省略されていたり電流が多く流れる他、何らかの原因でショートすることで火花が飛び散るなど充電する物を破壊する商品が含まれています。(参考)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!