image_45

一般的な旅客機であれば機長と副機長の2人が機体を操作しているのですが、この『副機長』をなんとロボット化するという飛行支援システムが開発されているそうです。

アメリカ国防総省、国防高等研究計画局(DARPA)が現在開発しているのは操縦桿や各種スイッチのある一般的な旅客機に搭載可能な飛行支援システム『ALIAS』です。この支援装置は副機長の座席を取っ払い搭載できるというもので、スロットルを調整等はロボットアームで小型機であれば操縦桿を取り外し根本から直接操作するなど方法が取られています。

副操縦士はロボット!? DARPAがロボットアームによる飛行支援システムを開発中 | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト



DARPAの資金提供の元開発を行っているAuroraによると、飛行支援システム『ALIAS』は離陸から着陸まで飛行中に発生する様々な緊急事態を支援することができるとしており、従来副操縦士が行っていた飛行に関するサポートを担うことが可能だとしています。

image_46
またALIASは機種を問わず小型機から大型旅客機まで支援を可能とするシステムになる予定です。

『ALIAS』に関してはロッキード・マーティンとシルコスキーも共同で開発を続けており、今年6月にはシコルスキー S-76という有人ヘリコプターの自動飛行に成功しています(参考)。今後一般的な航空機も完全無人状態で運用できるようにするとしており、両者違いは『機長のサポート』に対し『コックピットの無人化』ということになりそうです。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!