image_49

GPUの処理低下を抑えつつつ、消費電力を大幅にカットできるという夢のような方法があるのはご存知でしょうか。今回はこれが行えてしまうというPower Targetを調整しその結果を紹介していきます。

スポンサーリンク
Power Targetに関してはMSIのGPUではAfterburnerというソフトウェアを使い調整することができます。他のメーカーから販売されているGPUに関してもこのソフトで調整することができます。Afterburnerでは『Power Limit』という項目がそれにあたり調整範囲は50~108%です。今回は標準の100%を基準に50%まで10%ずつ測定してみました。

測定環境
CPU Core i5 6600K
GPU GeForce GTX 1060(GTX 1060 ARMOR 6G OCV1)
マザー MB3575 H110M GAMING 
メモリ 8GB x2
記憶装置 SSD x2 HDDx1
ベンチマークソフト ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド
アイドル消費電力 46W

image_50

PL 消費電力 FPS ベンチマーク
100% 195~200W 102 13289
90% 195~200W 102 13292
80% 190~195W 102 13277
70% 185~190W 102 13301
60% 185~190W 102 13269
50% 165~175W 98 13058

このような結果になったのですが、それぞれの消費電力に関してはワットチェッカーで平均を出すことができず表示される数値を見ながら平均を出したもので大雑把な目安として見てください。

補足として50%に下げたときには一時的な最大消費電力が200Wを超えるような場面はなく160~170W台になっており、一方100%ではベンチマーク起動直後から190W台から始まりました。つまりPower Target(ソフトウェアではPower Limit)を調整することでおおよそ20~40Wほど下がり間違いなく消費電力削減が行えたことが確認できました。


このGPUの姉妹機としてGTX1070、1080が存在しており、50%にした時90Wほど消費電力が下がる効果があるそうです(参考)。またベンチマーク値から消費電力を割った『電力効率』はGTX1070では140%となったそうなのですが、私の場合は100%(200Wで計算)で66.4、50%(170Wで計算)76.8、つまり115%に留まっています。
ただ、電力効率ではなくベンチマーク値からみた比較では上記リンクのGTX1070が50%で12%スコアがダウンしていたにもかかわらず私の場合はわずか2%に留まってます。しかし、それでもワットパフォーマンスで見た場合は特に50%に設定したときではGTX1060とGTX1070、1080の差は相当な差があるものと考えられます。


電力効率が悪い理由については不明なのですが、今回測定した環境ではCPUやGPUが異なっている他、ベンチマークソフトも異なっています。またおおよその平均から消費電力を見ていたのに対し、他のサイトでは最大消費電力から計算したものになっている点です。
特に最後の『最大消費電力』に関してはベンチマーク測定中に1秒~2秒、一時的に消費電力が高くなる場面がありそれを見て測定していることが原因と考えられます。またCPUのターボ・ブースト・テクノロジーは「使用しない」になっており、負荷が高くかかる場面では消費電力が高く出ることがなかったことが考えられます。

幾つか苦しい言い訳を挙げてしまったのですが、いずれにしてもPower Targetを設定することで処理速度の低下を抑えつつ消費電力を下げれることは事実ですので、ぜひ皆さんもためしてくださいね。
ちなみに省電力効果はGPUやCPUに負荷のかかる場面でのみ効果が発揮します。War Thunderのように最高画質設定時に100Wも消費電力が無い低負荷状態だったり、PCを起動し放置ているだけでの状態ではほとんど効果がみられません。

追記

念のため3DMark 無料版を使用しベンチマークを測定してみました。測定したのは『Fire Stirike』でPower Limitは100%と50%のみです。

PL 最大消費電力 ベンチマーク 電力効率
100% 201W(100%) 10386(100%) 51.67(100%)
50% 171W(85%) 10184(98%) 59.55(115%)

ベンチマークと最大消費電力から見た電力効率に関しては50%で115%となりファイナルファンタジーXIVとほぼ同じ値になりました。またベンチマーク中のおおよその平均消費電力も100%で190W後半、50%で160W台でベンチマークスコアの低下率も2%となりこちらもファイナルファンタジーXIVとほぼ同じような値となりました示していました。

▼Power Target(Power Limit)100%のベンチマークスコア
image_56

▼Power Target(Power Limit)50%のベンチマークスコア
image_57

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!

お知らせ

平素より『ZAPZAP!』のWEBサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。この度、2017年7月20日より新サイト『ヨミタク』での更新を開始したことをお知らせいたします。今後、ZAPZAP!では新規投稿数を縮小し運営し続けることになりました。お手数ではありますが実質的な移転先となる『ヨミタク』のブックマーク追加等をお願いいたします。

新サイト:ヨミタク
https://yomitaku.com/

詳細はこちらからお願いいたします。