image27

ここ最近、個人のネットユーザーが動画を配信し注目を集める人がいますよね。ジャンルは様々なのですが、中国のとある動画配信ユーザーは動画再生回数を稼ぐため生放送でラー油のみを大量に飲んだところ病院送りになる出来事があったと報じられています。

スポンサーリンク
中国成都市のニュースサイト『成都商報』によると、四川省威遠県に暮らすとある動画配信を行っているネットユーザーが激辛のラー油をそのまま飲むという行為を生配信した結果、体調不良に陥り病院に通院することになったと報じています。

ネットで有名になりたくて、中国男性「ラー油飲み」生配信し... - Record China

このネットユーザーはうさぎ料理をレストランに卸す仕事をしているのですが、時間があるときに動画の生配信をしていました。理由は映像を配信するとそのユーザーに金が入るようになっているらしく、同様の動画配信を行っている人の中には1回の放送で1000万回も視聴されることがあるといいます。

image28

そこでこの人物は「もっとお金を稼ぎたい」と思うようになり、まずは有名になることから初めたもののそれが激辛のラー油を飲むということだったようです。

image29

その後この男性は喉の痛みや下痢に襲われ20日間以上も仕事を休むことになってしまい通院にかかった費用だけで3000元(約4万5000円)になってしまったとのことです。

この手の動画配信といえば他人にはできないようなことを無理して行い再生回数を稼ぐということが行われる傾向があります。ただ動画の内容自体が過激になる傾向も強く、例えば今年9月にはアリバチと呼ばれる強い毒をもつ虫を掴み半ば無理やり刺されるという動画(参考)も登場しており、こちらの再生回数は2500万回となっています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!