image43

中国メディアによると山西省の男性がお店で購入したタバコに火をつけたところ間もなく爆発し聴力に異常が発生する出来事があったと報じられています。このタバコからは爆竹のような構造が確認できたとしています。

スポンサーリンク
山西省のニュースサイト『山西晩報』によると今月4日、火をつけたタバコが突然爆発するという事故があったと報じています。

たばこを吸っていたら突然爆発、中国の男性、耳の神経が損傷―... - Record China

記事によると爆発があったその日、被害者(男性)は雀荘で麻雀を行っていたといいます。しばらくしてタバコがきれたことで雀荘の店主に頼み近くの売店でタバコを買ってきてもらい火をつけて数秒後に突如爆発したとしています。
男性に目立った外傷はなかったものの、顔の至近距離で爆発したことで耳鳴りが発生し聴力も明らかに低下した状態が続きました。今月10日に病院で診察を受けたところ右耳に異常があるとの診断を受けたといいます。

その後わかったこととして、爆発したタバコからは爆竹のような破片が見つかった他、事件の通報を受けて市当局が調査を行ったところ店主が購入した売店はたばこの販売許可を持っていなかったことが判明しました。しかしなぜ爆竹のようなものがタバコに入っていたのかは判明しておらず、警察の調査が必要だと述べているそうです。

過去にもあったタバコの爆発

実は過去にも同じようにタバコの爆発した例が存在しています。2014年2月、中国吉林省で農機具販売店を営む男性は店先にくくりつけてあったタバコを「客からの贈り物」だと思い火を付け吸ったところ間もなく爆発し、この男性は死亡しました。

また2012年にも012年6月に浙江省の男性が中国で最高級というタバコ「中華」を吸おうと火をつけたところ爆発し負傷する出来事が発生しています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!