Galileo

誰もが無料で使用できるGPS。スマホやカーナビなど様々な場面で使用されているのですが、このGPSの欧州版となる『ガリレオ』が先日、全世界で使用できるようになったと報じられています。

欧州版GPSとなる「Galileo(ガリレオ)」が今月から全世界で利用可能となった。Galileoは欧州共同体の主導により、17年の歳月と53億ユーロもの巨費が投じられることでシステム構築が進められてきたもので、米国のGPSやロシアのGLONASSを大幅に上回る精度を全世界で利用可能になるというものとなる。

BusinessNewsline
ポケモンGOなど最近はゲームにもGPSが使用されており、知らないうちにこのサービスを利用しているというほど非常に便利なものなのですが、先日ようやく運用が開始されたのはグローバル・ポジショニング・システム(GPS)の欧州版となるガリレオという衛星測位システムです。
衛星測位システムはアメリカが運用する『GPS』をはじめロシアのGLONASS、中国のCompassなどがあり、地球を包むように配備された20基あまりの人工衛星で構成されています。

GPSはそもそもアメリカ軍の軍事用に開発されたシステムの一部で私達はそのシステムを利用しているということになるのですが、有事など何らかのトラブルが発生した場合このシステムが使用不能になる可能性がゼロではなくロシアや中国では自前のGPSを構築しています。

さて、欧州版GPSことガリレオに関しては軍用とは位置づけておらず主に民間向けに運用を目指すとされたもので、欧州で販売されているGPSレシーバーを搭載したスマホやカーナビといった端末であれば特に変更を加えることなくそのまま運用することが可能だとしています。またそれ以外の地域であれば、レシーバーのファームウェアの更新をすることで利用可能です。

精度に関しては無料であれば最大で1mの誤差、商用利用であればわずか1cmという誤差としており、日本がシステム構築を目指している『準天頂衛星システム』と同等か超える精度があるということになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!