F-35B

アリゾナ州から飛び立った10機のステルス戦闘機F-35Bが日本の岩国基地に配備されると報じられていましたが、今回はいくつか存在するF-35シリーズに関してF-35Bとはそもそもどのような機体なのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク
主に海兵隊向けに開発されているF-35BはF-35A、B及びCの3つあるタイプの1つです。このB型は短距離離陸・垂直着陸が行えるという最大の特徴があります。
「何故、岩国基地にはB型が配備されるのか」という理由は、この基地はそもそもアメリカ海兵隊と海上自衛隊が使用する官有の飛行場・基地でアメリカの第12海兵航空群という海兵隊航空部隊が駐留してるため海兵隊仕様のF-35Bが配備されます。


このような特殊な垂直離着陸を可能としているのはコックピットの後ろ側に巨大なリフトファンを搭載し、後部のエンジンノズルが90°程度折り曲がるという複雑なエンジン、プラット・アンド・ホイットニー F135-PW-600の開発に成功したためです。

▼F-35Bにおける垂直離着陸時の動作例
F-35

F-35 A,B,C型の見分け方

F-35の見た目はほとんど同じなのですがA型、B型、そしてC型が存在します。まずそれぞれの違いについて大雑把に紹介すると、

F-35A―『空軍』が運用するタイプ。通常離着陸機。
F-35B―『海兵隊(海軍)』が運用する短距離離陸・垂直着陸機。飛行甲板を有する強襲揚陸艦での発艦、着艦が可能。
F-35C―『海軍』が運用する艦載型。空母から発艦することができるタイプ。翼のを折りたたむことができ着艦の激しい衝撃に耐えるよう機体構造と降着装置を強化。

となります。A、B、C型の全てで通常の陸上滑走路から離陸・着陸は可能ですが空母で離着艦できるのはC型のみ、強襲揚陸艦で離着艦できるのはB型のみになります。

F-35シリーズの見分け方

F-35は同じような機体構造から開発されています。そのためA、B、C型を見分けるのは難しいのですが簡単わかるポイントがあります。まずF-35Bはコックピットを覆うキャノピーが小さく、C型は翼を折りたたむ構造による跡が確認できます。A型はこの2つの特徴がありません。

F-35シリーズの見分け方_1

見た目の大きさではC型が最も大きく、次にA型、そしてB型となります。

F-35 B型だけ特別なキャノピーになっているのは操縦席、つまりコックピットの後ろ側に巨大なファンを搭載しているためです。これによりA型、C型では不可能な垂直離着陸を可能としています。
強襲揚陸艦での運用方法は上記の動画のようになります。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!