土星

太陽系の中で最も多くの衛星を従えているのは土星です。その数は60以上となっているのですが、一部は土星のリングの中に存在しています。細かいチリでできたリングの中を公転する衛星はどのような姿になっているのでしょうか。

今月16日、土星探査機カッシーニより高解像度の写真が撮影されたのは衛星ダフニスです。ダフニスは直径が最も長いところで7~8km程度の小惑星サイズで、土星から13万6000km、地球と月のおよそ1/3程度の距離を公転しています。

衛星ダフニス
Photo:NASA
こちらが土星探査機カッシーニにより撮影された最新の衛星ダフニスです。周りにある層のようなものは土星のリングで幅20kmほどの隙間を波を作りなから公転している様子が映し出されています。もちろんこの隙間にもちゃんと名前が付いており『キーラーの空隙(くうげき)』、『キーラーの隙間』などと幾つかの呼び方があります。

このように非常に幅が狭くいことからキーラーの空隙が発見されたのは1980年、無人惑星探査機ボイジャーによるもので衛星『ダフニス』は2005年5月同じくカッシーにより発見されました。

NASAによると写真はダフニスから28,000km離れたところで撮影し、1ピクセルの大きさは168mとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加