バス

一度火の手が上がれば死亡事故に繋がりやすいバス火災。韓国でも交通事故等でバス火災事故が発生しているのですが、その原因の一つとして老朽し廃車対象となったバスそのものにもあると報じられています。

スポンサーリンク
2017年1月24日、韓国・KBSによると、韓国・釜山で走行中の市内バスで火災が発生し、乗客らが車外へ避難する事故が相次いでいる中、火災が発生したバスは耐用年数を超えているなど老朽化が進んだバスだったにもかかわらず、管理も整備もまともに行われていなかったことが分かり、物議を醸している。 

Record China
記事によると今月20日、釜山市内でバス炎上し6名が逃れた事故に関して韓国当局によるとバスの耐用年数を9年も超過し74万km走行しているバスだったことがわかったとしてます。また21日にもバスの炎上事故が発生しており、こちらでは耐用年数未満(残り1年)というバスだったものの適切な整備が行われず走行し続けていたことがわかりました。

これに関して韓国当局は釜山市内を走行している2511台を調査したところ耐用年数を超えて走行していたのは57台、70万km以上走行していたバスに関しても複数台見つかったとしています。釜山市の大衆交通課長は「今後はできるだけ、車両の9年以上の寿命延長はしない方針」だと説明していることから今後、基準を満たさないバスに関しては引退ということになりそうです。


バスの事故は日本でも例外ではないのですがバスの寿命に関してバス停まっぷによると、路線バスは15年から20年程度、高速バスは5~7年程度になるとしています(観光バスは12年ときめている会社もあるとしている)。走行距離に関しては適切にメンテナスが実施されていれば100万kmは走るとしているのですが、会社によっては50万kmなど基準を設けている場合があるそうです。

不特定多数の多くの命を載せるバスは通常の車より逃げ出しにくく安全性は高くないといけないのですが、基準というのは日本では設けられていないそうで、今後出火による事故というのは発生する恐れは十分あると考えられます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!

お知らせ

平素より『ZAPZAP!』のWEBサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。この度、2017年7月20日より新サイト『ヨミタク』での更新を開始したことをお知らせいたします。今後、ZAPZAP!では新規投稿数を縮小し運営し続けることになりました。お手数ではありますが実質的な移転先となる『ヨミタク』のブックマーク追加等をお願いいたします。

新サイト:ヨミタク
https://yomitaku.com/

詳細はこちらからお願いいたします。