image_29

ロシアが2020年代に実施を予定している月面有人探査計画に関してRKK エネルギアは超重質ロケットの設計を実施したと報じられています。

スポンサーリンク
航空宇宙専門サイト『RussianSpaceWeb』によると、旧ソ連時代から現在まで宇宙開発を支えてきたRKK エネルギアことS.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギアはロシアが今後実施する月面着陸及び探査計画に使用するロケットを新たに設計する方向で計画が進んでいると報じられています。

Super-launcher is back on the books

ロシアでは今後の、国際宇宙ステーション退役後の宇宙開発の一つとして月面有人探査計画があります。しかし、過去に運用を予定していたアンガラシリーズのロケットでは打ち上げ性能が低く1回の月面有人探査を行うにあたり合計4基のアンガラロケットを打ち上げる必要がありました。

▼エネルギア5VR、5V
エネルギア5K及び5KR

そこでRKK エネルギアは予備研究として地球低軌道に80~100トン、今後の改良で最大150トンを打ち上げることが可能なエネルギア5K及び5KRというロケットを2013年から14年に構想し、これをベースに月面有人探査が可能な大型ロケットの新規開発を行うとしているそうです。

エネルギア5K及び5KRを使用した月面探査計画では、エネルギア5Kで月着陸船または月の貨物車両を予め月に送り込みその後エネルギア5KRで宇宙飛行士を打ち上げ月面探査を実施するという内容になっているとしています。
ロケットが本当に開発されるのか、記事によると「見込みはある」としており、プロジェクトを正式に承認するとの噂が業界内には広まっているなどと主張しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!