イヤホンジャック

パソコンで音楽を聴く際にイヤホンやヘッドホンを接続されている方も多いと思うのですが、イスラエルの大学によると現在運用されているほぼ全てのパソコンでイヤホンから音を拾い盗聴することが可能だとする研究を発表しています。

コンピューターユーザーのなかには、Webカメラをテープでふさぐような用心深い人たちがいる。さらに心配性の人はマイクにまで不安を抱き、場合によってはコンピューターや携帯電話の中を開けて、マイクを使えなくしたり取り外したりすることさえある。オーディオ機能をハッカーに乗っ取られないようにするためだ。

だが、イスラエルのある研究グループは、こうしたスパイ心配性の人たちをさらに不安に陥れる研究を行っている。ヘッドホンを一時的にマイクに変え、会話をこっそり盗聴できるマルウェアを開発しているのだ。

WIRED.jp
イスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学が行なった研究によると、不正に侵入されたパソコンにイヤホンを接続した状態で使用していた場合、『ヘッドホン端子』を『マイク端子』に切り替えることで周囲6mの音をクリアに拾うことができるとしています。

イヤホンやヘッドホン、スピーカーはヘッドホン端子(出力ジャック)に挿せばPCの音を出力することができるのですが、マイク端子(入力ジャック)に接続した場合マイクとして使用することもできます。今回のこれを悪用した想定の研究で、出力ジャックと入力ジャックの機能を切り替えてしまうだけでイヤホンからの盗聴を可能してしまうというものです。

記事によると、一般的なPCに標準採用されることが多い有名企業のオーディオコーデックチップには入出力ジャックを切り替える機能が標準搭載されていると話しており、盗聴問題を解決するには対策が施されたチッピを搭載したハードウェアに交換が必要だと指摘しています。

もちろんヘッドホン端子やマイク端子に何も刺さなければ盗聴される心配はありません。ただし、記事には書かれていないもののノートパソコンにはスピーカーが付いている物がありこちらから盗聴される可能はあります。
方法は異なるもののPCに接続されたディスプレイのスピーカーやインターネット接続されたテレビ等のスピーカーからも同じように盗聴は可能であると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!