image_26

個人のホームページやブログを開設したものの更新をしなくなってしまった経験がある方も多いと思いますが、中国では貿易や経済に関わるホームページを長期間更新しなかったとして局長が処分されたと報じられています。

2017年2月12日、中国海南省ダン州市(ダンは人偏に「擔」のつくり)商務局の董海峰(ドン・ハイフォン)局長がこのほど、「職責を果たさず同局のホームページを長期間更新しなかった」として、「過失記録」の行政処分と党内警告の処分を受けていたことが分かった。

Record China
今回、長期間ホームページを更新しなかったとして処分されたのはダン州市商務局の局長です。『商務局』とは経済及び貿易を管轄しているのですが、なんらかの理由で公式サイトの更新を怠っていたといいます。

▼処分を受けた董海峰局長
image_25

記事によると、きっかけは昨年11月ダン州市商務局のホームページが長期間更新されていないと中国国務院から海南省省長宛に『不合格政府サイト』として通報があったといいます。

実は中国政府直属の『中国軟件評測中心』が2015年に地方政府が運用するホームページの8割が更新されていない休眠サイトになっていると調査結果を発表しており、その一部の改ざんされポルノや賭博関連サイトに書き換えられているとしていました。(参考)

ただ、更新を怠ったとして誰かが処分されたとは伝えられていなかったものの、今回は政府情報公開条例と党内の関連条例にそれぞれ違反したとして処分を受けた初めての例になったとのことです。

ホームページの更新はブログの更新とは異なり、PCの操作に加えHTMLやホームページ製作ソフトなど知識が必要になるのも事実です。もちろん市や町のホームページに限らず、企業のホームページも長期間放置され最新のブラウザでは正しく表示されないなど問題のあるページも稀に見られます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!