PAK DA

ロシア空軍が運用している大型爆撃機を全て置き換える計画で開発されていると報じられているのは次世代爆撃機『PAK DA』です。ロシアメディアによるとステルス爆撃機B-2のような全翼機になるとしています。画像は非公式のファンアート。

スポンサーリンク
ロシアメディア『Sputnik』が報じたところによると、2013年より開発が進められたという次世代爆撃機『PAK DA』は旅客機のように亜音速で飛行し機体形状は『全翼機』を予定していると報じています。

ロシアの新世代爆撃機 【動画】

PAK DAは現在ロシア空軍が配備しているTu-22Tu-95Tu-160という長距離爆撃機をすべて置き換える計画で進められているもので、導入コストは特に高価なTu-160を下回る額になるとしています。

具体的な機体形状は明らかになっていないのですが、一般ユーザーが作った想像図としてこのようなものが公開されています。



2013年にロシア空軍のビクトル・ボンダレフ総司令官の発言としてPAK DAは「ステルス性能を有した機体となっており亜音速での飛行する。Tu-160爆撃機よりも多くの兵器を搭載できる。」と具体的に性能を明らかにしています。ただ、当時は2008年より開発が始まったなどと話しており機体形状は大型の可変翼機とされていたのですがどうやらPAK DA計画は全面的に見直しがされたものと考えられます。

また2015年には同機に搭載するエンジンが既に試作、公開されています。
PAK DAのエンジンとされるもの_1

PAK DAのエンジンとされるもの_2

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!